このBlogについて

イスラエルや戦後系の戦車作ったり、おっぱいがけしからんフィギュア
作ったり、年中、体のどこが具合悪いと文句垂れるおっさん「サビ屋」のBlogなんやな・・・。

※自転車乗り始めてからババチビりそうな勢いで模型作ってないってそれ前から言われてるから(戒め)

作品画像や旅行のスナップなど→
https://picasaweb.google.com/107662543187123463952

2016年2月23日火曜日

やる夫は蓮ダムまで往復したようです




 ガチピーカンの快晴予報だったんで、前々から行こうと思っていた飯高の蓮(はちす)ダムに行ってきましたお。
今回のルートは、いつもの栃原経由や368経由じゃなくて、射和から丹生大師方面へ、そして立梅用水で回り込むルートを走ってみたお。




 ・・・やる夫さん、朝の4時半から出発しましたよね?

 快晴(気温が朝から高いとは言っていない)だったから(震え小声)。
ボトルケージに突っ込んでおいたミネラルウォーターが気づいたら凍ってたけど、やる夫は元気でしたお(過去形)





 ・・・で、蓮ダム=サン。ダム手前1kmから9%の勾配とか本気出すのはやめてくれませんかお・・・(ドン引き)




 9%の勾配にヒーヒー言いつつ、蓮ダム到着だお。
ダム周辺には管理棟の他にも、展望台、公衆トイレ、自動販売機(ダイドー)が設置されているお。
そもそも、休憩や補給に使える公共施設が少ないエリア(山奥)なんで、公衆トイレや自動販売機はすっげえ有難いお。

あと、この辺りで補給に使えそうな商店と言えば、県道569号沿いにある「スーパー香肌」ぐらいだと思うお。
コンビニも、飯高~東吉野の間には無さそうなんで、現金が心細い場合は手数料かかってでも郵便局でおろしておくか、このエリアに入る前のコンビニATMとかで下ろしておくべきだと思うお。

・・・ん?クレジットカード決済や電子マネー派なのかお?ああ、そう・・・(察し)














 で、天子さん、飯高駅でお土産買ってきましたお!バッチェ冷えてますお~!



 また水かよ!


-------------- 2月の飯高を嘗めてはいけない(戒め) -----------------




2016年2月6日土曜日

モンベルのフロントバッグをKDS化工事+県道747号ライド



「ヘッドチューブ周りの形状」

という、これ以上どうしようもない理由で半ばRNC3EX専用になっていたmont-bellフロントバッグ
コレをF-95でも使えるように、偽ンカウル化もといKDS化工事を実施することにした。

幸い、一昨年にKDS化工事を実施したバッグ(休眠状態)のアタッチメントがまだ使えるのでソレを外してモンベルに移植することができた。




作業手順とかは、「モンベル リクセン」でググれば大体出てくるゾ(熱い他力本願寺信仰)

リクセンカウルの場合は、バッグ内側にも固定プレートがあるけど、KDS(オーストリッチ)の場合は外側のアタッチメントのみ。
その点で不安があれば薄いプラスチック製の板材(100均あたりのクッソ薄っぺらいまな板あたりがオススメ)

ハンドルとヘッドチューブにバッグを固定する為のストラップは、バッグ本体に縫い付けではなくバッグ本体のベルト通しに通してあるだけなので取り外し可能。
自転車走行中には一切用はないけど、観光や輪行などでバッグを外して携帯する時には、そのストラップにさらにショルダーベルトなどを通せば便利じゃないかな、と。






で、テストがてら80kmほど走行。
当然、空荷で走っても意味がないので、チェーンロック2本、財布、スマホ、コンデジ、補給食、手ぬぐいを詰める。
結論から言うと、走行に対する不具合もないし、両サイドどちらかのポケットをコンデジ用・補給食用などとして活用すれば非常に便利であるし、もっと早くKDS化すればよかったなぁ感。









距離的には滝原方面へのショートカットであるものの、勾配のキツさ諸々でハッキリ言ってオイシクない県道38号(七保峠)を避けて、三瀬谷方面へ抜けられる県道747号を初走行。





で、結論から言うと、人家どころか文明の名残と言えばカーブミラーとアスファルトぐらいで山奥から山奥に抜けるような藤坂峠や古和峠なんぞとは違って、途中に神原地区や発電所、数軒の工場、船木地区側はR42との大きな信号交差点で、打見地区側も直近の橋で宮川を越えればすぐにR42という地理、中間とも言える地点には宮川のR42側(県道770号側)へ抜ける橋梁もあり、「途中でエスケープできない畜生1本道」ではないのが良い。

集落や工場があるということもあり、路線は全体的に整備されており、下の画像のような狭小区間は全体(10キロ程度)のうち2~3キロ程度であり、勾配も38号に比べたら平地と言っていいレベルであり、よほどの事情(747号の通行止めとか)がない限り、38よりは747を走りたいところ。
38号の利点としての「滝原へのショートカット」も、船木の交差点からR42へ進入するか、R42と並走する紀勢本線沿いの県道731号(42号のような勾配がない)を走れば(快走区間と言ってもいい)補える。