このBlogについて

イスラエルや戦後系の戦車作ったり、おっぱいがけしからんフィギュア
作ったり、年中、体のどこが具合悪いと文句垂れるおっさん「サビ屋」のBlogなんやな・・・。

※自転車乗り始めてからババチビりそうな勢いで模型作ってないってそれ前から言われてるから(戒め)

作品画像や旅行のスナップなど→
https://picasaweb.google.com/107662543187123463952

2018年5月21日月曜日

じてんしゃのおにいちゃんと紀北町の煉瓦隧道 その1



彡(^)(^) < 小春日和の素敵な一日に、紀伊長島まで行って桜を愛でてきたで!


;霞 ) < 二 カ 月 前 に な !






;霞 ) < テメーコノヤロー!二カ月前の話で細かいネタなんか全部飛んじゃったから巻きよ巻き!!


Googleマップ=サン < 道の駅・紀伊長島マンボウにアクティバンを置いて、そこから始神さくら広場まで南下。

それから折り返して、途中からは国道422号で行けるとこまで行って適当に帰ってくる流れやぞ。





彡(゚)(゚) < いちお、今回のメーンエベントは国道42号沿いに歩道トンネルとして現存する大正時代の煉瓦隧道を巡ることやで。

とりあえず、紀北町の市街地を流して煉瓦隧道をめぐりつつ始神さくら広場を目指すで。



紀勢本線 紀伊長島駅



紀伊長島港



江ノ浦橋




彡(゚)(゚) < これは昇降式可動橋の江ノ浦橋やで。動画ではほぼ降りかけてるけど、橋が動作してる時は信号機と遮断機、アラームが作動してるで。

ちなみに、さらに下流の湾口には高架橋(江ノ浦大橋)があってそっちは当たり前やけど信号待ちなしや。
こっちは歩行者・二輪車専用やで。



霞 ) < ・・・?この人はどなた?




※濱口熊嶽


彡;(゚)(゚) < 国会図書館のアーカイブに自叙伝があるけど、こう何というか・・・


Googleマップ=サン < 地元の原住民ちゃんたちはどう思ってるか知らんがな・・・

地元としても存在を否定したり隠蔽してる訳でもないけど、観光資源としてそれほどアピッてる訳でもないのが、何というかな・・・


;霞 ) < ググッてみると、当然のように告発やら訴訟やら三桁台でぶら下がってるのが何とも言えねーわね・・・






Googleマップ=サン < そういう話はまあ置いとくとして、江ノ浦橋を渡って県道581号を南下すると、現用の海野トンネルとその隣で完全に閉鎖された旧隧道が出てくるで。




 霞 ) < ここは現行トンネルをサクッと通過して、海野地区から古里地区へ抜けるわよ。


紀北町古里



 霞 ) < 古里地区を通過すると、国道42号の古里トンネル(車道)とその隣に煉瓦隧道の「海野隧道」(現:古里歩道トンネル)が出てくるの。




Googleマップ=サン < というわけで、お客さんです。


霞 ) < はい?




 霜 ) < よお! 夕雲型駆逐艦、十六番艦の朝霜。いつでも出撃できるぜ。(コピペ


;霞 ) < どうも・・・ギザ歯さん・・・って、あいたぁ!!5月も末になったのに豆投げないでよ!!


彡(゚)(゚) < ボディランゲージで愛情を示してますねぇ・・・


Googleマップ=サン < お友達かな?(ニッコリ






霜 ) < というわけで、煉瓦隧道一本目は海野隧道だ。

大正生まれだけど、隧道内はキレイに整備されているから交通インフラとしては申し分ないな!なぁ、霞!


;霞 ) < いったぁ・・・アンタどんな剛速球で豆ぶつけんのよ・・・

って、ああ、そうっすね・・・すげーナチュラルに解説枠に入り込んだわね、アンタ。





彡(゚)(゚) < 真面目な話、車道トンネルは狭いし路面も荒れてるし紀勢道が開通しても42号の交通量はまだまだ多いから、歩道トンネルを走ることをオススメしたいで。


-------- その2へつづけ ---------




0 件のコメント:

コメントを投稿