このBlogについて

イスラエルや戦後系の戦車作ったり、おっぱいがけしからんフィギュア
作ったり、年中、体のどこが具合悪いと文句垂れるおっさん「サビ屋」のBlogなんやな・・・。

※自転車乗り始めてからババチビりそうな勢いで模型作ってないってそれ前から言われてるから(戒め)

作品画像や旅行のスナップなど→
https://picasaweb.google.com/107662543187123463952

2016年4月20日水曜日

やる夫はRNC3EXの10S化工事を行うようです タイヤ交換編




本格的走行の前に、wiggle=サンで注文しておいたタイヤとかが届いたんで入れ替えですお。
今回の入れ替え候補は

ブリヂストン RR2X(23C)
パナレーサー ツアラープラス(23C)
コンチネンタル ゲータースキン(23C)
Lifeline Prime-armour(23C)

の4つだお。






 
購入時価格順で言うと

RR2X(Amazon) > ゲータースキン(wiggle) > ツアラープラス(Amazon) > Prime-Armour(wiggle)

です。
ゲータースキンを国内買いすると5000円前後でショップによっては同じコンチの4000Sとあんまし変わらないけど、wiggle=サンあたりだと4000Sの4k後半代に対してゲータースキンが3k後半代となります。(2016年4月時点)









去年の島根旅行で、コンチのレース向けタイヤが200km足らずでサイドカット食らった畜生悲劇のせいでコンチタイヤにはビビッてたけど、物は試しとwiggle=サンならパナあたりとあまり差のないそこそこのお値段ってことでゲータースキンを買ってみたお。

しょーじき、やる夫的にはRACE-Dが「フツーに空気管理してれば問題起こさない」タイヤなんだけど、お値段的に考えるところもあるんで3000円代のゲータースキンとツアラープラスを候補に入れてみたお。




 
あとついでにリムテープも交換しておくお。
このままタイヤとチューブが問題起こさなかったら3~5000kmは交換する機会が無さそうだし。
シマノ純正から、パナレーサーのポリライトに入れ替えだお。
パナレーサーのポリライトは、シュワルベやシマノ純正、フォグリアと比べてクッソ硬いwwwwって人もいるらしいけど、やる夫的には大して変わらないお。





 
で、どのタイヤをRNC3EXに履かせるか考えた結果、ゲータースキンにしたお。
おもしれーのは、パナレーサーで散々味わったリム嵌め時の硬さが笑えるほど余裕だったってことだお。
まるで使い古しのタイヤみたいに、素手でスコッと押し込めたお。
あ、後輪から外したエリートプラスは1000km程度なんでそのまま前輪のRR3Xと入れ替えだお。
RR3Xはまだイケそうなんで、何かあった時の緊急入れ替え用にキープしておくお。






次回「やる夫、100kmでゲータースキンサイドカット」「やる夫、半ベソで補修」「やる夫、散る」です、お楽しみに。



えちょ、前二つも畜生なのに、最後何ですかお!?やる夫散るんですかお!?やだー!!


0 件のコメント:

コメントを投稿