このBlogについて

イスラエルや戦後系の戦車作ったり、おっぱいがけしからんフィギュア
作ったり、年中、体のどこが具合悪いと文句垂れるおっさん「サビ屋」のBlogなんやな・・・。

※自転車乗り始めてからババチビりそうな勢いで模型作ってないってそれ前から言われてるから(戒め)

作品画像や旅行のスナップなど→
https://picasaweb.google.com/107662543187123463952

2012年4月3日火曜日

ハッコーのスチロールカッター:ヒーター線交換編

グランドワークに用いるスチレンボードやカネライトフォームの切断・整形に愛用しているハッコーのスチロールカッターのヒーター線(スチロールをブッた切る部分)が、バチンと切れたので、交換することに。

( ちなみに、吾輩がここ数年、グランドワークにカネライトフォームを多用するのは、近所のホムセンにカネライトフォームしか置いてないというただ一つの現実故である。 )

とはいうものの、予備のヒーター線などという気の効いた代物が、この愛すべき片田舎のホムセンに売っている訳もなく、「本体に付属していた予備のヒーター線がある筈」という凄まじく根拠不明瞭な記憶に基づいて家探しした結果、おそらくスチロールカッター本体を購入した時に合わせて購入したであろう予備ヒーター線のパック(3本入り)が出てきた。


まぁ、交換方法(めっさ簡単ではあるが)もこのパッケージの裏側に書いてあるので、本体のパッケージが見つからずとも結果オーライではある。



切断している最中に、ヒーター線がバチンと切れたのには割と驚いた。

まぁ、購入から10年(うち、5年ぐらいは寝てたけどさ!)近く経って、ヒーター線1本も交換してないっていうのが、ある意味大したもんではある。



まずは片側にヒーター線を引っ掛けて



フレームをググッと押さえこんで、もう片側にヒーター線を引っ掛け易い状態にして


引っ掛けて、終了。古いヒーター線は金属ゴミとして廃棄。



ちなみに、ハッコーのカッターは、この電源式と、電池を使う電池式がある。

吾輩が電源式を使っているのは、「そのホムセン(確か、カーマだった筈)には、電源式しか売ってなかった + 電池式の存在など知らんかった」という脆弱な理由による。

電池式と言えば、タミヤの組立式スチレンカッターもあり、ハッコーなどに比べれば安価なので、「使用頻度が低いので、出費を抑えたい」向きにはそちらも選択肢として考えられたい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・で、だ。

なんで、ハッコーのカッター持ってんのに、タミヤの組立式をわざわざ買ってんだろうな・・・。


0 件のコメント:

コメントを投稿