このBlogについて

イスラエルや戦後系の戦車作ったり、おっぱいがけしからんフィギュア
作ったり、年中、体のどこが具合悪いと文句垂れるおっさん「サビ屋」のBlogなんやな・・・。

※自転車乗り始めてからババチビりそうな勢いで模型作ってないってそれ前から言われてるから(戒め)

作品画像や旅行のスナップなど→
https://picasaweb.google.com/107662543187123463952

2011年12月8日木曜日

MS-06V ザクタンク その6

寒いせいか、頻尿気味。あと、コーヒー飲みすぎ説。



ザクタンクに掴ませるジュアッグ(廃品)を塗装する。



HGUCジュアッグ発売前に、在庫の無印ジュアッグを成仏させられたので良しとしたい。
いやさねぇ、無印キットの味云々言うても、結局HGUCのクオリティで出たらソッチの方がいいでしょ。

無印の利点は、価格ぐらいになるんでね?多分、1200円ぐらいの差かなぁ。
(今回のジュアッグは量販店価格で250円)



ザクタンクの方もウェザリング。


ザクタンクの足回りの泥テクスチャーには、タミヤテクスチャーペイントのダークアースを使用。
そのままの色調だとベースから絵面的に浮くので、上から地面に使った色を吹いて調整。


シチュエーションが「雪解けの泥」なので、キャタピラのパターンもわからなくなる程度にテクスチャーペイントを塗りたくる。
色合いもいい具合だが、「泥」としてのテクスチャを同時に施せるという点で、AFVモデル単品の上l座リングにも重宝する。


雪の表現は、テクスチャーペイントの「雪」で。

例会までには何とかなるかなぁ。(水溜りの表現が失敗してリカバリ考え中)



0 件のコメント:

コメントを投稿