このBlogについて

イスラエルや戦後系の戦車作ったり、おっぱいがけしからんフィギュア
作ったり、年中、体のどこが具合悪いと文句垂れるおっさん「サビ屋」のBlogなんやな・・・。

※自転車乗り始めてからババチビりそうな勢いで模型作ってないってそれ前から言われてるから(戒め)

作品画像や旅行のスナップなど→
https://picasaweb.google.com/107662543187123463952

2011年8月7日日曜日

ガイアノーツのマルチプライマーで、ポリキャタピラを塗ってみよう。

最近愛用しているガイアノーツのマルチプライマー。
http://www.gaianotes.com/products/g-primer_p01.html


「不知火アスカの"きのむくままに"」さんの記事にて、ガンプラのポリキャップに対して極めて効果大との記事を拝見し、AFVモデラー(偽)らしく、塗装・接着不可のポリキャタピラでテストすることとした。(既に誰か記事にしているかもしれんけど)

ちなみに、コレをテストするに至った理由は、SOFT99のバンパープライマー使用によるコストや買いに行く手間を圧縮したいというのが第一義であったりする。

FRPバンパー用プライマーを使ってポリキャタを塗ってみた↓
http://menatezz.sakura.ne.jp/text/pt/pt.htm



なお、素材的には染めQのミッチャクロンと近似(同一製品のOEMかどうかは不明)であるらしい。
仕様表を見る限り、アルミ、ABS、PP(ポリプロピレン)など、模型にダイレクトに絡む材料にも効果があるようだ。

ちなみに、マルチプライマーはレジンパーツやメタルパーツへのプライマー効果を謳った製品であり、そちらへの効果は確認済である。



テスト対象はタミヤのT-62のポリキャタピラ。
車体に取り付ける前に、プライマーをエアブラシで塗布している。



無色透明。



プライマーが乾燥した後、適当なタミヤアクリルを吹きつけ。


 → 

タミヤの40mm幅マスキングテープを爪でガリガリこすりつけた後、剥がしてみたが、特に塗装の剥がれは見受けられない。(当然ながら、テープの粘着力を落とすなどといった真似はしていない)


しかし、これだけではテストとしてソフト過ぎるだろうということで、ダイレクトに爪で擦ってみた。
動画でドゾー。



ゆっくりボイスにしたこと自体は深い意味はないですw

で、その後、キャタピラを油絵具でウォッシングしたりタミヤエナメルでガサガサドライブラシしても、特に問題なし。↓


今回の結論として、「旧来のポリキャタピラに使用しても問題なし・効果極めて大」
そりゃあまあ、ガソリンドブ漬けとか「本気で剥がそう」とすれば剥がれるんでしょうけど、普通に模型を工作するという範疇であれば全く問題ありません。

ただ、接着については従来通り、PPX等の接着用プライマーを塗布する必要があるかと。




 
 

0 件のコメント:

コメントを投稿